目の下のたるみを解消する化粧品と美顔器!エクササイズは逆効果?

目の下のたるみを解消する化粧品・美顔器

相手に与える印象を一番左右するのは、目元だと言われています。
そして、年齢と共に気になってくるのが目の下のたるみです。

目の下がたるんでくると、それだけで老けた印象を与えてしまいますし、たるみが出来てしまうことで、目の下の凹み部分に黒クマと呼ばれるクマも出来てしまいます。

そうなると、たるみとクマのダブルで老けた印象や不健康な印象を与えてしまうことになってしまうのでやっかいです。

 

ですが逆に考えれば、しっかりとたるみのケアを行って目元のたるみが解消できれば、黒クマも同時に解消が可能ということ。

今回は、たるみが出来てしまう原因と、解消のための化粧品・美顔器・エクササイズについてまとめました。しっかりと理解して、ご自身に合った解消法をチョイスしてください!

スポンサードリンク

目の下のたるみの原因と解消方法

目の下がたるんでしまう原因

まずは、目の下のたるみの原因を整理しましょう。

目の下がたるんでしまうのは、以下の2つが原因です。

  • 目の下のコラーゲンの減少
  • 目の下の脂肪を支える筋肉の衰え

 

目の下のコラーゲンの減少
皮膚のコラーゲンが減少すると、たるみにつながってしまうのはイメージがしやすいですよね。私たちの体を一定の形に保つ結合組織はコラーゲンで作られているので、コラーゲンが減少すると結合組織の働きが低下し、形状を一定に保てなくなってしまいます。

目の下も同様で、コラーゲンが減少して張りのある状態をキープできなくると、たるみという形で表れやすいです。

目の下の脂肪を支える筋肉の衰え
実は目の下には、眼下脂肪と呼ばれる脂肪があります。
この眼下脂肪を支えているのは眼輪筋と呼ばれる筋肉です。

ですので、この眼輪筋の支える力が低下してしまうと、眼下脂肪を支えきれなくなり、目の下のたるみにつながってしまいます。

 

上で挙げた二つの原因は同時に起こりやすく、コラーゲンが減少して張りがなくなった状態の目元に眼下脂肪が落ち込んでくることによって、目の下のたるみが強調されてしまいます。

 

目の下のたるみを解消するには?

では、どうすれば目の下のたるみを解消できるのでしょうか。

答えは、以下の二つです。

  • 目の下の皮膚のコラーゲンを増やす
  • 眼輪筋の機能を回復させる

これは、目の下がたるむ原因を考えれば分かりますよね。
それと反対の状態と作ってあげるということです。

 

では、具体的にどの様なアイテムを用いて、どのように解消させればいいのでしょうか。
大きく分けて方法は二つです。

  • 目の下専用のクリームを用いて目の下のコラーゲン不足を解消する
  • 美顔器を用いて眼輪筋を含む表情筋をしっかりと緩める

 

一つずつ、解説していきたいと思います。

 

目の下のたるみを化粧品で解消

アイキララ

こちらのアイキララは、「皮膚やせ」解消を目的に開発された目の下専用のクリームです。

肌がやせた状態はクマが目立つだけでなく、コラーゲンの減少に伴うたるみを誘発してしまいますよね。アイキララにはMGAと呼ばれるビタミンC誘導体が配合され、目の下のコラーゲンの生成を促進してくれます。

コラーゲンやヒアルロン酸自体が配合されている化粧品を良く見かけますが、それらに含まれるはコラーゲンは経皮吸収(皮膚からの吸収)されることはありません。

正確に言うと、超低分子のコラーゲンは角質層まで浸透する可能性はありますが、仮にそこまで浸透しても肌のコラーゲンの増加には影響を与えず、効果は保湿にとどまります。

皮膚の下のコラーゲンの量を増加させるためには、コラーゲンを直接目の下に塗るのではなく、「コラーゲンの生成を促進する特殊なビタミンC誘導体を目の下に塗る」というのがポイントになります。

 

コラーゲンが減少してしまうのは、血行不良が原因の青クマを放置した結果、新鮮な酸素と栄養素が目の下の細胞に運ばれない状態が続いてしまうことも一因となっています。

アイキララは、目の下のコラーゲンの生成を促進することで皮膚の厚みを回復させ、結果的に目の下のクマの改善を目指すクリームですので、当然たるみに対する効果も期待できます。

 

血行不良⇒栄養・酸素不足⇒コラーゲンの減少⇒たるみ」という流れを考えると、できれば予防の段階で取り入れたいアイテムではありますが、コラーゲンの生成を外側から促して結合組織の補強を図るというコンセプトは非常に斬新なので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

 

私自身、以前はたるみの前段階のクマが酷くて悩んでいたのですが、アイキララを使用することでかなり目立たなくなったのを実感しています。

アイキララ仕様前後の変化5

どうでしょうか?かなりクマがなくなっているのが分かると思います。これで大体アイキララ使用1か月半くらいの段階です。

たるみと違ってクマなので(しかも皮膚が薄いと目立つ血行不良型の青クマ)、効果の実感までかなり短期間で済みました。たるみの場合はこれほど短期間で効果が実感できるかは正直分かりませんが、目元の環境が良い方向に変わることは間違いありません

もともと、目の下に特化した化粧品はあまり見かけませんので、化粧品を使用して目の下のたるみを改善したい方は要チェックですね。

 

アイキララの定期コースには回数縛りなし!

通販の化粧品は定期コースを設定している場合が多く、そういったケースのほとんどで「値段が安くなる代わりに最低○回は購入してください」という回数縛りが存在します。

一方、アイキララにも定期コースは存在しますが、なんと回数縛りがなく、いつでもストップすることが可能です。返金制度が付いているのもありがたいですが、10%OFFの定期コースを1回だけ試すことも可能という制度は、かなり良心的だと思います。

アイキララの定期コースに回数縛り無し

もともとの金額も3,000円を切る価格設定なので試しやすくはありますが、それでも10%は大きいですよね^^

現在アイキララには注文が殺到しているようで、商品到着まで1か月半~2か月ほど待つ必要があるそうです。申し込み順に発送されるはずですので、少しでも早く手に取りたい方は、なるべく早めに申し込んでおきましょう。

生産体制が整ったとのことで、商品発送が通常に戻ったとの連絡をいただきました。コンセプトが斬新なので、発売直後に注文が殺到して生産が追い付かなかったようです。最初の段階で商品を手にすることができた私はラッキーだったかも・・・。

アイキララ
目元のお悩みを根本から改善する『アイキララ』公式HP

 

短期間で効果を感じるなら目元エステを上手に利用


アイキララを長期的に使用することでも、コラーゲンの生成が促進されるのでたるみの軽減が期待できますが、やはり難点は時間がかかるということでしょう。

私の場合は血行不良の青クマだったので、写真の様に1~2か月ほどで効果を感じられましたが、たるみまで進んでいる場合はなかなか即効性を感じるのは難しいかもしれません。

 

その場合に検討したいのが、目元専門のエステです。

エバーグレースの目元ケアスペシャルコースなら、アイキララよりも贅沢な配合がなされた美容液を目元に導入してくれるため、効果はより強力です。

また、かっさやリンパマッサージの手法を組み合わせているので、むくみによる目の下のたるみにも効果大です。

ここまで贅沢なコースが、期間限定ですが2,990円で受けられるのは破格だと思います。(通常はWEB割でも5,480円)
ですので、より早く効果を実感したい方や、たるみが大分進んでしまっている方はまず一度試してみて、どれだけご自身の印象が変わるのかを確認してみてはいかがでしょうか。

そのうえで、納得したら継続しても良いですし、自分に対する効果を理解したうえで同窓会の前や友人・知人の結婚式の前といった、イベント直前にだけ利用するといった方法も賢いやり方だと思います。

8月31日までの期間限定ですが、通常はWEB割りでも5,480円のコースが、2,990円で受けられます。気になる方はチェックです!

【EVER GRACE】目元スペシャルケア
 

目の下のたるみを美顔器で解消

美顔器
眼下脂肪を支える働きを担う眼輪筋
この眼輪筋の機能を回復させることが、たるみ解消へのもう一つのポイントです。

一般的に筋肉は伸び縮みを繰り返すことで正常な状態をキープできると言われています。
身体の筋肉でイメージしてみると分かりやすいですよね。適度に身体を動かしている人に肩こりが少なく、デスクワークで座りっぱなしの方に肩こりが多いのもそういった理由によります。

 

「肩こり=筋肉が緊張してこわばっている」状態ですが、同じようなことが眼輪筋にも起こっています

最近はPCやスマホを長時間見続ける人が増えてきているので、特に目の周りの眼輪筋は緊張しっぱなしになっている場合が多いです。

当然、適度な伸び縮みが出来るわけもなく、コリコリに凝っている状態になってしまいます。
このコリコリの状態が、眼輪筋の機能低下につながってしまうわけです。

 

したがって、何よりもまず凝り固まった眼輪筋をほぐしてあげる必要があります。
そのために使用したいのが、超音波振動機能を備えた美顔器です。

「筋肉をほぐす=手で押してマッサージする」というイメージを持ちやすいですが、眼輪筋に対してそれをやってしまうと逆に痛めてしまったり、さらに強張らせてしまったりというリスクが高いです。目の下の皮膚はとても薄く、また眼輪筋事態もとても小さな筋肉だからです。

その点、超音波ならそういったリスクはありません。スポーツ選手が体のケアのために使用するくらい効果的でもあるので、超音波振動機能付きの美顔器で優しくマッサージをしてあげましょう。

 

ちなみに、美顔器を使用する時は、眼輪筋以外の顔全体の表情筋も一緒に緩めてあげるのがポイントです。表情筋はそれぞれ影響し合うので、特定部分だけを緩めるのではなく、全体を緩めるようにしましょう。

その意味でも、顔全体の表情筋にアプローチできる美顔器は便利です。

エステナードソニックは累計で80万台以上の実績があり、980円から始めることができるので、はじめて美顔器を使用する方にも利用しやすい商品ですね。もちろん、超音波振動機能付きです^^

美顔器
ジェルとセットで初回限定【980円】エステナードソニック公式HP

 

目の下のたるみにエクササイズは逆効果?

目の下のたるみに限らず、お顔の悩みに対してセルフでできるマッサージやエクササイズは、雑誌やyoutubeなどで数多く紹介されています。

もちろんきちんと行えば効果はあるのですが、気を付けて行わないとかえって逆効果になってしまうので気をつけましょう。

気を付けるポイントは、以下の通りです。

  • 必要以上に皮膚が引っ張られないようにする
  • 決してこすらないようにする
  • 顔全体の筋肉を動かすようにする
  • 出来るだけ筋肉のコリを取った状態で行う

 

必要以上に皮膚が引っ張られてしまうと、皮膚の張りを支える繊維が傷ついてしまい、皮膚が伸び切ってたるみの原因になります。大げさに言うと、産後のお腹の皮膚の状態に近いことが起こってしまうということです。

 

また、こすってしまうと、その刺激によってメラニン色素が沈着してシミの原因になります。目の下のメラニン色素の沈着は、茶クマと呼ばれるクマにつながりますので絶対に避けましょう。

 

そして、表情筋は相互に影響し合うので、局所的に動かすのではなく顔全体を動かすように意識をしましょう。顔全体の表情筋を動かすことを意識すれば、眼輪筋も動いてくれます。

行うことは、

  • ゆっくり大きくまばたきをする(強くは行わないようにします)
  • 「あ・え・い・う・え・お・あ・お」の発声練習の様に口を動かす

この2点で十分です。

 

最後に、行う時は出来るだけ筋肉が緩んだ状態行いましょう。緩めるためにエクササイズやマッサージを行うのでは?と思われがちですが、あまりにコチコチに固まっている筋肉って動かそうとしても動いてくれないんです。

なので、「顔が固まってるなー」という実感のある方は、まず美顔器で筋肉をほぐしてあげて、その後にゆっくりと無理せずエクササイズを行うようにしてください。

 

実際のところ、凝り固まった状態が解消されるだけで筋肉の機能はだいぶ解消されますので、エクササイズを行うのが面倒という方は、美顔器の超音波振動機能で表情筋をほぐしてあげるだけで十分です。

その上で、さらに行えるようであれば、上記で紹介したようなマッサージやエクササイズを加えて上げるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
繰り返しになりますが、目の下のたるみを解消するためのポイントは、以下の2点です。

目の下の皮膚のコラーゲンを増やす

 

 

アイテムを上手に活用して、目の下のケアを習慣化させてくださいね^^

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。