切り干し大根の栄養は?戻し汁はどうする?ダイエット効果はあるの?

切り干し大根の栄養は?戻し汁はどうする?ダイエット効果はあるの?

冬の間のお料理で重宝する切り干し大根。水で戻してたっぷりと大根を食べることが出来ますし、冬の間足りなくなりがちな野菜を補うことが可能です。

今回は、意外と知られていない切り干し大根の栄養素から、戻し汁の活用法ダイエット効果までお伝えしちゃいます!

美味しいだけでなく、身体にとってとても嬉しい効果のある切り干し大根。その可能性を知れば、より美味しくいただくことが可能なのではないでしょうか^^

スポンサードリンク

切り干し大根にはどんな栄養がある?

切り干し大根はその名の通り、大根を切って天日干ししたものです。乾燥した寒風に晒すことで成分がぎゅっと凝縮され、糖分も増して甘くおいしくなります。

寒ければ寒いほどより美味しいものができると言われており、数字の上からも普通に生の大根を食べるより栄養価が良くなっているんですよ。

 

切り干し大根に含まれる主な栄養は以下の通りです。

カルシウム
私達の歯や骨を強くするカルシウムは通常の15倍です。
鉄分
毎月の生理で貧血を起こしてしまいやすい女性には嬉しい鉄分はなんと元の32倍に!
ビタミンB1
糖質からエネルギーを生成するために使い、日本人に不足しがちなビタミンB1は10倍。
ビタミンB2
レバーなどに多く含まれ口内炎・皮膚炎などを予防してくれるビタミンB2も約10倍に増加します。
食物繊維
便秘に悩むことが多い女性にぴったりな食物繊維も多く含まれています。

 

これだけの栄養素が詰まっいるわけですから、利用しない手はないですよね。

昔に比べると生鮮食品に困ることはなくなってきましたが、どうしても冬場は野菜が不足しがちです。生野菜を取るのが難しい分、切り干し大根のような美味しさと栄養が詰まった乾物の使い方を覚えると、冬の食卓がもっと豊かになりますよ^^

 

切り干し大根の戻し汁、捨てるのはもったいない?

切り干し大根は、みなさんご存知の通り乾物と呼ばれる種類の食品です。乾物というとどうしても処理の方法が面倒くさい…と思われがちですが、意外と戻す時間は短いですし、灰汁も少ないので乾物の中では日常に取り入れやすい食品といえます。

スポンサードリンク

でもこの戻し汁…そのまま捨ててしまうのはなんだかもったいない気がしませんか?切り干し大根の戻し汁は、ひじきなどと違って有害な成分は含まれていないので、そのまま料理に使うことが出来まるんです。

先程挙げたような栄養価がいっぱい戻し汁に溶け出していますから、積極的に使っていきましょう。

 

オススメの使用方法は、スープ味噌汁に使う方法。戻し汁には大根のほんのり甘い味が付いていますから、普段とちょっと変わった一品が添えられますよ。

砂糖を使う量も少なく出来るので、糖分の摂り過ぎが気になる方にもおすすめです。

ほかにも、戻し汁を使ったレシピには煮物や炊き込みご飯などもあります。ネットでは様々なレシピが公開されていますから、ぜひ調べてみてくださいね。

 

切り干し大根のダイエット効果

そんな栄養たっぷりの切り干し大根ですが、ダイエット効果の方はどうなんでしょうか?

まず、先程も述べたように切り干し大根には食物繊維がたくさん含まれています。なんとその量、食物繊維を取れる野菜の代名詞のように知られているごぼうよりも多いというから驚きです。

食物繊維は、胃や腸で水分を吸って膨らむことから、手軽に満腹感を得ることが出来るので、ダイエット中の食べ過ぎを防止することが出来ます。さらに、腸内掃除で体内の不要なものをキレイにしてくれるため、便秘対策にもとっても効果的。

 

もう一つ、切り干し大根に含まれているカリウムという成分は、多くの女性の悩みの種となっているむくみに効くすぐれものです。現代人はコーヒー・加工食品やファストフードの摂取によってナトリウム過剰・カリウム欠乏が起こりやすく、このためむくみが起こってしまうのですが、切り干し大根はこのカリウムを手軽に取ることができるのです。

 

まとめ

古くから日本で親しまれてきた万能健康食品とも言える切り干し大根。最近また注目が集まっていることからスーパーでも手軽に買うことが出来て、お手軽に取り入れることができるようになりました。

また、切り干し大根を手作りするのもそれほど難しくはありません。こちらの記事で、美味しい切り干し大根の手作りの仕方をまとめていますので、興味のある方は参考になさってください。

切り干し大根の作り方 天日干しの期間や保存、作る時期について

 

今回はダイエット効果にスポットをあてましたが、切り干し大根は二日酔いや食欲減退にも効果があったり、保温効果も備えていることから、女性に多い冷え性にも効くんだそうですよ^^

ぜひ日々の食生活で活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。