又兵衛桜の開花・アクセス・駐車場情報!あきのの湯で日帰り温泉も

又兵衛桜の開花・アクセス・駐車場情報!あきのの湯で日帰り温泉も

大坂の陣で活躍した後藤又兵衛基次が落ち延びて僧侶となり、余生を送ったといわれた地にある、又兵衛桜。樹齢は300年を超えると言われた立派な枝垂れ桜です。

いまでは奈良の桜の名所として有名になり、全国各地から多くの人が訪れるようになりました。

今回は、又兵衛桜の開花情報と周辺の駐車場事情、付近の温泉についてみていくとしましょう。

スポンサードリンク

又兵衛桜の開花情報

まずはじめに又兵衛桜の開花情報についてです。春のいつ頃に咲くと言われているのでしょうか?

奈良県の桜の開花の時期と同じく、又兵衛桜の開花時期は例年4月から5月にかけてといわれています。そのうち、見頃は4月中旬頃まで

石垣と山に映える枝垂れ桜の姿が見られる期間は一ヶ月近くあるということですが、4月上旬~4月中旬には「又兵衛桜祭り」と呼ばれるお祭りも行われます。

地元の特産品の販売などもあわせて行われるので、花見に行くならこの時期がベストと言えそうです。

 

又兵衛桜へのアクセスと駐車場情報

又兵衛桜へのアクセスは、電車とバスを利用した場合「近鉄 榛原駅」から大宇陀行バスで「大宇陀高校前」まで乗車し、徒歩15分ほどかかります。奈良の中心部からは離れており、ほかの観光地とセットにして行くのは少し難しいかもしれません。

 

徒歩で行くとそこそこ距離がありますので、で行くという方も多いと思います。その場合に気になる駐車場事情ですが、開花シーズン中は乗用車300台分の駐車場が用意されています。花見の駐車場はすぐ埋まってしまうものですから、朝早いうちに停める所を確保したいところですね。

こちらの駐車場が埋まっている場合は、付近にある道の駅に停めて徒歩で行くという方法も考えておいたほうが良いでしょう。

桜の時期ともなるとどの観光名所も混み合いますから、又兵衛桜のみを目当てにしている場合は、駅からタクシーを使うのも有効な方法の一つです。

スポンサードリンク

 

又兵衛桜を見た後はあきのの湯で日帰り温泉も

又兵衛桜から車で3分ほどのところに、「あきのの湯」という日帰り温泉施設があります。それぞれ「和」「洋」のイメージつけられた温泉エリアのほか、温水プールも備えた総合温泉施設で、タオル等の貸出もあるため手ぶらでの入浴も可能です。

入浴料は大人800円。貸出タオルの値段はフェイスタオルが100円、バスタオルが500円です。髭剃りセットや下着の販売もあるので、本当に手ぶらでOKな温泉です。

 

温泉では定番の露天風呂や、塩サウナといった一風変わった施設も備えており、又兵衛桜に寄った帰りにひとっ風呂…にはもったいないくらい充実した施設です。

屋内のみならず屋外プールエリアまで備えてある温泉はなかなか見かけないのではないでしょうか?営業は10時からとなっているので、朝一番に…というわけには行きませんが、ぜひ立ち寄ってみていただきたいです。

あきのの湯HP
http://www.akinonoyu.com/

 

なお、あきのの湯の施設内にはレストランもあるので、朝に又兵衛桜を観光して、あきのの湯に来てお昼を食べてゆっくり温泉…というプランもいいかもしれませんね。

 

まとめ

大河ドラマ「真田丸」でも登場が見込まれる、後藤又兵衛にちなんだ又兵衛桜。

温泉とあわせて観光してみては、いかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。