母乳育児のメリット&デメリットと、粉ミルクとの併用について

母乳育児のメリット&デメリットと、ミルクとの併用について

赤ちゃんを育てるのに完全母乳育児って赤ちゃんにもママにも良い事だらけ?

育児書ではなく母乳育児、粉ミルクを併用しての育児を経験してきた先輩ママだから感じたメリットデメリットをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

母乳育児のメリット

ママが摂取する食事等を気をつければという前提付きですが、何と言っても母乳は成分や中身は安全、安心な無添加の栄養素です。赤ちゃんの成長にとって大切な栄養素もしっかりと含まれています。

また、赤ちゃんが小さい時には授乳回数も多く、昼夜問わずの授乳なので、粉ミルクより母乳を与える方が手間が少ないです。粉ミルク代もかからず、経済的という側面も。授乳の場所さえあれば、外出先でも何時でも授乳することが出来ます。

そんな母乳育児のメリットを、母体と赤ちゃんの両側面から見てみましょう。

母体にとっての母乳育児のメリット

まずは母体の体に対するメリットです。赤ちゃんが母乳を飲む時はママの乳首を吸いますが、その刺激が子宮の収縮を助けてくれると言われています。出産後、子宮は元の大きさに戻ろうとしますが、その手助けをしてくれる訳ですね。

何よりも、赤ちゃんがおっぱいを吸いながらママと目を合わせて美味しそうな顔つきをしてくれると、精神的な安らぎを得られます。

赤ちゃんにとっての母乳育児のメリット

赤ちゃんにとっての母乳育児のメリットは、何より母乳の栄養価でしょう。母乳には病気やアレルギーに対しての免疫力があり、生後間もない抵抗力のない赤ちゃんを風邪などの病気からも守ってくれます。また消化しやすいので胃腸の働きが未成熟の赤ちゃんには吸収しやすい栄養です。

哺乳瓶と違って、乳首をしっかり吸わないとお乳が出ないので、顎を鍛える、良い歯並びに影響するとも言われています。

精神的な面においても、ママの心音を聴きながらお乳が飲めるスキンシップは赤ちゃんの心の安定にも良好かと思います。

 

母乳育児のデメリット

完全母乳育児は良い事が沢山ありますが、デメリットが無い訳ではありません。

母乳は消化しやすい分、授乳の間隔が短く、飲んだ分量が判りにくいです。授乳前後に体重を計れば判りますが、毎回は難しいですよね。

それ以外の、母体、赤ちゃん双方からみた母乳育児のデメリットは下記にまとめています。

母体にとっての母乳育児のデメリット

良い母乳を出すため、ママは食生活にも気をつける必要があります。和食中心の食事を心がけ、油ものや濃い味付けや刺激物は控えめにする必要があります。

アルコールやタバコは母乳の中にもアルコールやニコチンが含まれてしまいますので、我慢しなければいけません。

また風邪程度の薬でも、市販薬は母乳に影響を与えてしまう事がありますので、状況を理解している医療機関で処方してもらった薬を飲まなければならず、そのためには通院しなければなりません。

また、赤ちゃんの授乳間隔以上に赤ちゃんを預けて外出する事は出来ません。実際に私の場合も、生後間もない赤ちゃんは授乳間隔が定まらず、近場の買い物に行くのも気になってしまい大変でした。

赤ちゃんにとっての母乳育児のデメリット

ママの偏った食生活によって、食物アレルギーの原因になってしまう事があります。

我が子は3ヶ月の時に卵白のアレルギーが見つかり、お医者さんから 卵の摂取を制限するように指導された経験があります。冬場にセーターを着て授乳していたら、セーターの繊維が赤ちゃんの顔に発疹をつくってしまいました。

赤ちゃんはママの食生活や生活習慣に左右されやすいです。

スポンサードリンク

母乳と粉ミルクの併用について

母乳育児のメリットとデメリットの双方を鑑みて、母乳と粉ミルクの併用という方法もあります。

病気の時や母乳の出が悪い時はもちろん、ママの生活スケジュールによっては、哺乳瓶を使って粉ミルクを飲んでくれると、ママは随分楽になりますよね。

授乳の間隔が3~4時間きちっと空くようになっても上の子の用事や家事、美容院など外出すると、あっという間の時間です。粉ミルクを飲んでくれ様になっていると、預けているママだけではなく、赤ちゃんとお留守番をしてくれる方にも、泣かれた時など心強いです。

 

1日数回、粉ミルクを飲ませる事は赤ちゃんの発育に大きな問題があるわけでもないし、ママが少しでも余裕のある育児が出来る為にも、私はおすすめします。

ただし、赤ちゃんによっては、哺乳瓶で直ぐに飲んでくれない事もあったり、哺乳瓶のほうが簡単にミルクか出るので母乳を嫌がってしまったり、思い通りにいかないこともあります。授乳をした後がに少しずつ飲む練習をして、慣らしておくと良いですよ^^

 

まとめ

今はイクメンパパと言う言葉があるくらい、育児に積極的に参加してくれるパパも多くなりましたが、母乳だけはママにしか出来ない育児であり、一番大変な仕事です。

是非、頑張り過ぎず、少しでも楽しい育児をして欲しいです。メリット、デメリット色々ありますが周りの意見は参考程度!と考えて、自分に合っている育てやすい子育てをして下さいね。

母乳が上手く出ないとき、こちらの記事も参考になさってください。

母乳が出なくて痛い!原因と母乳に良いハーブティー&食べ物

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。