デリケートゾーンの黒ずみの原因分析 あなたはどのタイプ?

デリケートゾーンの黒ずみの原因分析 あなたはどのタイプ?

デリケートゾーンの黒ずみ…あなたはどのような対策を打っていますか?さまざまな方法がありますが、なかなか効果が出ないという悩みを抱えている方も少なくないと思います。

効果が出ない理由として考えられるのは、原因と対策がうまくマッチしていないという状況です。

まずはデリケートゾーンがなぜ黒ずんでしまうのか、その原因をしっかりと理解して、自分はどれに当てはまるのかを整理してみましょう。

スポンサードリンク

デリケートゾーンの黒ずみの正体はメラニン色素

まず最初に、デリケートゾーンの黒ずみの正体は何なのか?という点をしっかりと理解する必要があります。

この黒ずみ、正体はメラニン色素なんです。実は、デリケートゾーンに限らず、皮膚の黒ずみの正体はメラニン色素であることがほとんどです。

ですので、対策としては、

  • いかにデリケートゾーンのメラニン色素を減らすか
  • いかにデリケートゾーンに新しいメラニン色素を作らせないか

 

という、2つの視点が必要になってきます。

黒ずみ対策の効果を実感するためにはどちらも大切なんですが、今ある黒ずみを一生懸命消そうとはするものの、新しくできる黒ずみに対してかなり無頓着という方は意外と多いです。

そうなると、いくらデリケートゾーンの黒ずみ対策用のクリームを使用しても、メラニン色素が新しく作られてしまう原因が取り除かれていないので、なかなか効果は実感できません。

 

デリケートゾーンにメラニン色素が新たに沈着してしまう原因は一つではないので、自分がどのパターンに当てはまるかを確認して、それに応じた対策を取るようにしましょう。

 

デリケートゾーンにメラニン色素が沈着してしまう原因

皮膚にメラニン色素が沈着してしまう原因は、大きく分けて以下の2つです。

  • 何らかの刺激が皮膚に加わり、新しくメラニンが生成されてしまう
  • 何らかの原因で肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素を含む古い角質がはがれにくくなっている

 

肌に何らかの刺激が加わることでメラニン色素が新しく沈着してしまいます。デリケートゾーンへの刺激は意外と本人が気づかないことが多いので、この機会にしっかりと見つめ直しましょう。

また、メラニン細胞によって色素が生成されても、通常は自然とターンオーバー(新陳代謝)によって自然と元の肌の色に戻ります。しかし、ターンオーバーが正しく行われない状態になってしまうと、色素がそのまま沈着してしまい、黒ずみになってしまいます。ターンオーバーを乱す原因に心当たりがないかも要チェックです。

 

それでは、どんな刺激がデリケートゾーンにメラニン色素を生成させやすいのか、どんな原因でターンオーバーが乱れてしまうのか、具体的にみていきましょう。

スポンサードリンク

あなたはどのタイプ?さまざまな黒ずみの原因

肌への刺激のパターンと、ターンオーバーが乱れるパターンをまとめましたので、ご自身がどのパターンに当てはまるかをまずはしっかりと確認していきましょう。

デリケートゾーンへの刺激によってメラニン色素が生成されるパターン

ゴシゴシと洗ってしまう癖がある
多くの方がやってしまいがちなのが、このパターンです。デリケートゾーンはとても肌がとても敏感な個所なので、むしろ他の部位よりも優しく洗う必要があるのですが、黒ずみやにおいが気になるとどうしても強めに洗ってしまいがちです。

できればデリケートゾーン専用の石けんを使用して、優しく刺激を与えないように洗う習慣を身に付けましょう。

カミソリでアンダーヘアの処理をしている
最近はVIO脱毛も一般的になってきましたが、ご自身でカミソリを使って脱毛している方はかなり多いと思います。一見気軽に行える方法ですが、カミソリによる脱毛は上手く行わないと肌にかなり大きな刺激を与えてしまいます。

できれば脱毛サロンを利用するか、ブラジリアンワックスなどの肌に負担がかからない方法を試してみましょう。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で火傷をしがち
カミソリ以外の脱毛ということで言うと、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛をした際に火傷をしやすいかどうかも大きなポイントになります。火傷による肌への刺激も、メラニン色素沈着の大きな原因になるからです。

もしもこれらの脱毛をして火傷をしがちな場合は、別の方法を検討してみましょう。また、万が一火傷をしてしまった場合は、しっかりと保湿ケアを行うようにしてください。

体に合わない下着を履いている
体に合わない下着を履いていると、肌と下着の間に摩擦が起こります。この摩擦が刺激となって、メラニン色素が生成されてしまうんです。

その程度で?と思いがちですが、それだけデリケートゾーンの肌は敏感ということですね。実は、同様の理由で乳首の黒ずみを起こりやすいです。下着は上下とも、きちんと体に合ったものを身につけるようにしましょう。

サイクリングが趣味
サイクリングが趣味で自転車に良く乗るという方は要注意です。サドルとの摩擦が、メラニン色素生成の原因になってしまいます。どうしても自転車に乗る場合は、サドル専用のカバーなどを用意して、少しでも肌との摩擦を軽減する努力をしましょう。

 

ターンオーバーが乱れてメラニン色素が剥がれおちないパターン

加齢
年齢を重ねると、若い時に比べて新陳代謝が落ちてしまいます。新陳代謝が落ちると、それだけ肌のターンオーバーも乱れやすくなるため、メラニン色素が沈着しやすいです。これは、デリケートゾーンに限らず当てはまる現象ですね。

また、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうのも加齢による黒ずみの原因になります。

かといって、放置してしまうと黒ずみはどんどん加速してしまいます。年齢を重ねるほどに効果は出にくくはなりますが、だからこそ積極的なケアをしていくようにしましょう。

女性ホルモンの乱れ
女性ホルモンが乱れてしまうことも、肌のターンオーバーの乱れに直接関係してきます。ホルモンバランスの乱れの原因は加齢だけではないので、私はまだ若いから大丈夫と思っている方がいたら要注意ですよ!

たとえ若くても、ストレスや生活習慣の乱れなども女性ホルモンが乱れる原因となります。

 

まとめ

いかがでしたか?

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、

  • 新たな刺激を与えないように気を付ける
  • 女性ホルモンのバランスを乱さないような生活を心がける

 

という2つの点を意識することが大切です。この土台部分が出来てないと、せっかくデリケートゾーン用の美白クリームを使っても、なかなか効果が実感できないという事態になってしまいます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。