川越散策に行ってきた!おすすめルートとお土産・アクセス情報

川越散策のルートとお土産

小江戸とい別名を持つ埼玉県川越市。
都内からのアクセスも良く、観光名所でもあるため、平日でもたくさんの人で賑わっています。

私も先日行ってきたのですが、史跡あり、グルメあり、お土産ありで、1日たっぷり行楽できる街です。

どの観光地へ行くのにも分かりやすい道路標示があり、とても歩きやすい街でした。

そんな川越に、あなたも行ってみませんか?
駅などにも観光パンフレットや地図がおいてありますので、それをもらってLet’s go !です!

川越散策に行ってきた!おすすめルートはこちらです

川越散策にはバスの利用がおすすめ

川越市内は歩いて観光することもできますが、小江戸巡回バスという500円で乗り放題のボンネットバスが観光地を巡っています。

乗車券には、以下の様な特典がたくさんあり、おすすめです。

  • 運転手さんの車内観光アナウンス
  • 停留所は観光地の目の前
  • 協賛店でのお土産やお食事の割引サービス
  • 施設の入館料の割引

乗車券は、バス車内、川越駅西口のコンビニNEW DAYSで購入できます。
西武鉄道、小田急電鉄発行の「小江戸川越フリークーポン」も利用可能です。

注意点ですが、スイカやパスモは使えません!
バス車内で購入する時は、500円の現金を用意するようにしましょう。

バスで巡る川越おすすめルート

私が実際にバスで巡ったルートです。

川越駅 ⇒(バス5分)⇒ 本川越駅 ⇒(バス10分)⇒ 喜多院 ⇒(徒歩)⇒ 成田山別院 ⇒(徒歩)⇒ 川越歴史博物館(割引あり) ⇒(バス15分)⇒ 本丸御殿 ⇒(バス2分)⇒ 氷川神社 ⇒(バス3分)⇒ 蔵の街 ⇒(徒歩)⇒ 蘭山記念美術館(割引あり) ⇒(徒歩)⇒ 菓子屋横丁 ⇒(徒歩)⇒ 川越まつり会館 ⇒(徒歩)⇒ 蔵造り資料館 ⇒(徒歩)⇒ 時の鐘 ⇒(徒歩)⇒ 蔵造りの街並み、大正浪漫夢通りを散策しながら駅へ

バスは朝の9時から17時過ぎまで、1時間に3本~6本くらい運行しています。

 

川越のお土産と言ったら・・・?

川越の名物と言ったら、さつまいもを思い浮かべる人も多いかと思います。
実際に街の中はさつまいもを使ったスイーツがいっぱい売っていました。
その場で食べ歩きできるものや、お土産にできるもの、沢山あります。

美味しいと評判のものをいくつか紹介しますね。

スポンサードリンク

亀屋

亀の最中
亀甲型の愛らしい一口サイズの小豆の入った最中です。
こがね芋
さつま芋をかたどった焼き菓子。シナモン風味の白餡入りのお菓子です。
これぞ川越名物!!芋せんべい
初雁焼:さつま芋を薄く切り、鉄板で挟んで焼いた後に糖蜜をつけたもの
初雁糖:輪切りのさつま芋をじっくりと蜜漬けしたもの
初雁霰:さつま芋を短冊に切り、油で揚げて糖蜜をかけ、乾かしたもの

※芋せんべいは、川越ではとても有名なので、沢山のお店で売っているのを見かけます。試食させてくれるところも多いので、是非お好みのものを買って下さいね!

亀屋は、川越市内に数店舗あります。
http://www.koedo-kameya.com/cominfo.html

ノリスケさん

バウムクーヘン
川越さんのさつま芋のペーストを練りこんだ生地は、甘すぎず優しい味わいです。

ノリスケさんへの店舗情報はこちらから
https://sites.google.com/site/norisukesan12/access

紋蔵庵

つばさかりん
かりんとうの中にさつま芋が入ったかりんとう饅頭です。
オーブントースターで温めて食べると、出来たての様な美味しさです。

紋蔵庵の店舗情報はこちらから
http://monzouan.com/shop/store/60.php

菓匠 右門

いも恋
山芋ともち粉の薄皮の中に、粒あんと輪切りのさつま芋が入っています。
レンジや蒸し器で温めて食べますが、素朴で懐かしい感じが人気の理由でしょうか。
店頭で蒸したものを販売しているお店もあるので、食べ歩きにもぴったりです。

菓匠 右門の店舗情報はこちらから
http://www.imokoi.com/

川越菓舗 道灌

芋クリームとどら焼き
さつま芋のクリームをはさんだどら焼きで濃厚なクリームあんがたっぷり入っています。
さつま芋好きにはたまらない、満足の一品です。

川越菓舗 道灌の店舗情報はこちらから
http://www.koedo-noren.com/month-shop/0708_doukan/

 

都内から川越へのアクセス情報

都内から川越までは、電車で1時間あればアクセスできてしまいます。

池袋から
東武東上線急行 川越駅 約30分
新宿から
西武新宿線急行 本川越駅 約60分
西武新宿線特急小江戸号 本川越駅 約45分
渋谷から
東京メトロ副都心線 川越駅 約60分
横浜から
東急東横線 川越市駅 約90分
新木場から
東京メトロ有楽町線 川越駅 約60分

 

まとめ

都心から1時間程度で行かれる川越。
史跡も多く、庭園には新緑、紅葉と見所もたくさんあり、歴史に興味のある人はもちろん、無い人にも十分に楽しめる観光スポットです。

特に秋はさつま芋の収穫の時期なので、さつま芋のスイーツを売るお店にも活気があり、”秋を感じられる”のではないでしょうか。

観て良し、食べて良しの満足な一日を過ごせますので、おすすめです!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。