嵐山花灯路2016の日程と雨天時のライトアップ、晩御飯事情など

嵐山花灯路2015

京都・嵐山花灯路とは、京都の夜の新しい風物詩となるべく東山地域から始まった灯り」をテーマとしたイベントです。

現在では、嵐山でも行われていて、寺院や神社、京の街並みを路地行灯の灯りと花により思わず歩きたくなる路が創り出されています。

今回は、嵐山花灯路の2016年の開催日程や雨天時のライトアップについて、また、嵐山花灯路に出かける場合の晩御飯事情などについてまとめました。

スポンサードリンク

嵐山花灯路の2016の開催日程

2016年の京都・嵐山花灯路の開催日程は

  • 12月9日(金)~18日(日)
  • 17:00~20:30

となっています。

紅葉の時期とは若干ずれていますので、どちらかというとクリスマス前の和製イルミネーションといった位置づけで楽しむことが出来ますね。

期間は10日間と短いので、この期間を逃さないように注意して下さいね!さらに、ライトアップも20:30には終了してしまいます!

限られた期間の限られて時間に灯される灯りには、なんだか希少な価値を感じますよね。

 

嵐山花灯路の晩御飯事情は?

上述した通り、京都・嵐山花灯路のライトアップ時間は17:00~20:302時間半です。
渡月橋から北側に位置する二尊院まで歩いて20分です。

特別拝観などにも行ったりすると、このライトアップ時間はあっという間に過ぎてしまいます。

ですので、 晩御飯に関しては先に食べておくか、ライトアップ後に食べるのがいい でしょう。

嵐山は通常は夕方には閉店してしまうお店が多いため、花灯路を楽しんだら市内に戻りご飯やさん入るのも手です。

例年は中之島公園で屋台や、時雨殿前で嵐山の老舗料亭が温かいお食事のおもてなしもあります。時雨殿は例年土日のみになります。

こちらで小腹を満たすのもいいですね。

スポンサードリンク

 

嵐山花灯路は雨天時にもライトアップする?

雨天時でも、「灯りと花の路」や「いけばなプロムナード」などのライトアップは例年実施されています。

ただし、この時期京都の夜は冷え込みます。雨天時は特に寒さが厳しいので、しっかりと防寒対策はしていって下さい!

 

まとめ

京都・嵐山花灯路とは、京の神社や街並みを約2500基のLDEライトを用いた路地行灯の灯りと花とが創り出した、思わず歩きたくなるイベントです。

2016年の開催日程は
12月8日(金)~18日(日)17:00~20:30です。

ライトアップは野宮神社から大河内山荘庭園までの「竹林の小径」、「渡月橋」、「法輪寺」です。
また、二尊院や常寂光寺などでは夜間特別拝観も実施しています。

散策と、寺院拝観でライトアップの時間はあっという間に過ぎてしまう可能性も。

例年、土日は時雨殿前での嵐山の料亭による温かい料理のおもてなしや中之島公園付近での屋台くらいで、これといった夕食のおすすめのお店も、夜にはしまっていることも多いため、早めに嵐山で食べるか、嵐山から市内に戻ることをおススメします。

この時期の京都は寒さも一段と増していますので、防寒対策はお忘れなく!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。