プロ野球オープン戦のチケットの料金は?サインはもらいやすい?

プロ野球オープン戦のチケットの料金は?サインはもらいやすい?

2月1日から各球団のキャンプが始まり、いよいよプロ野球のシーズンが始まりました。3月末に控える開幕戦の前哨戦として、2月末からオープン戦が開催されます。

オープン戦の特徴は、キャンプの見学よりも敷居が低く、公式戦よりも選手を身近に感じやすいこと。

今回はこのオープン戦にフォーカスを当て、チケットの入手方法や料金、サインが貰いやすいというネット上のうわさは本当なのか?といった事についてまとめたいと思います!

スポンサードリンク

プロ野球のオープン戦のチケットはどうやって手に入れるの?

オープン戦のチケットは公式戦同様、各球団HPもしくはe+やぴあなどのチケット販売サイトから購入します。

もっとも、オープン戦のチケットが完売になることはよっぽどのことが無い限りありませんので、当日ふらっと球場で購入することも可能です。

 

対戦カードや試合日時にもよりますが、私の記憶では、会場キャパの半分以下ということもザラにありますし、休日昼間の人気カードの試合でも多くて7割程度しか席は埋まりません。

人気の席種(公式戦時には年間契約シートもオープン戦の時なら買えるので、人気が高いです)や座席指定の通路側は販売開始日に売り切れてしまうこともありますが、どの席も買えない!ということは99%ないと思います。

 

オープン戦のチケットの料金は球場ごとに違う?

プロ野球の公式戦をよく見に行かれる方はご存知だと思いますが、馴染みのない方に説明をしておくと、プロ野球観戦の価格って球場ごとに異なるんです。知ってました??

 

そして、公式戦同様、オープン戦のチケットの料金も各球場ごとに異なります

また同一球場内でも1階と2階、内野と外野では当然料金が異なります。基本的に、内野はバッターボックスに近いほど料金が高い傾向にあり、内野より外野の方が安い場合が多いです(もちろん例外もあります)。

もっとも、オープン戦の場合はあくまでも公式戦の開幕前の練習試合のようなものなので、全体的に公式戦よりは安く買えます

スポンサードリンク

 

オープン戦は選手のサインはもらいやすいって本当?

ネット上では、「オープン戦はまだ本番ではないので、選手にも余裕があってサインが貰いやすい」といった書き込みを見かけます。でも、実際にはどうなのでしょうか?

私は昨年、東京ドーム・神宮球場・横浜スタジアム・西武プリンスドームのオープン戦に行きましたが、私の記憶ではサインをもらっている方はお見かけしませんでした(;O;)

オープン戦に行われるキャンプでは、球団主催でサイン会が開かれていたり、練習場所の移動時にサインをする選手もいらっしゃいますが、オープン戦はほぼ通常通りに試合が行われるので、選手と近づける機会がほぼありません

 

ただ、空気感はオープン戦特有のものがあり、選手との距離が公式戦よりも縮まる感覚は確かにあります。

試合前練習では選手によっては観客の声援に手を振って反応して下さったり、観客にパフォーマンスをして下さる選手もいらっしゃいます。

 

まとめ

オープン戦は安く、まったり楽しむことが出来るのが最大の魅力です。

多くの球場に自由席エリアもあるので、ご友人で1列占拠!なんてことも出来ますし、公式戦とはまた違った雰囲気があって、私は好きです。

「テレビ観戦しかしたことない」という方や、「公式戦しか見たことない」という方は、ぜひ今年オープン戦デビューしてみて下さい!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。